仕事

ウェルビーイングとは?幸せの本質と見つけ方、高め方を分かりやすく説明

18ban

ブラック企業を辞めることを目標にブログ運営を開始しました。 経営者に囚われず自由な時間を過ごすことが目標です。 G検定&FP3級、証券外務員も持ってますが登録はしてません。

はてなブックマーク - ウェルビーイングとは?幸せの本質と見つけ方、高め方を分かりやすく説明
Pocket
LINEで送る

ウェルビーイングという概念は、最近よく耳にするようになりましたが、具体的には何を指し、どのように追求すれば良いのでしょうか?

ウェルビーイングの本質を理解し、それを個々の生活にどう適用するかを解説していきます。

あなたがより幸福で充実した人生を送るための助けになれば幸いです。

 

スポンサーリンク

ウェルビーイングの定義と3つの要素

ウェルビーイングとは、一言で言えば「幸福」や「満足」を指します。

しかし、それは単に感情的な幸福だけを指すのではなく、身体的、精神的、社会的な幸福を包含した総合的な状態を指します。

それは人間の生活のさまざまな側面が調和している状態であり、それぞれの人が自分自身の価値観に基づいて追求するものです。

ウェルビーイングは、以下の3つの要素で成り立っています。

1.へドニア(hedonia)

へドニアは、ギリシャ語で「喜び」を意味し、肉体的な経験から得られる幸福感です。

これは、美味しい食事を楽しむ、趣味に没頭する、心地よい環境でリラックスするなど、私たちが日々の生活で経験するさまざまな快楽を含みます。

一時的な快楽や幸福を主にお金で得ることができます。

2. フロー(flow)

フローは、何かに深く集中し、自分自身を忘れてしまうほどの集中状態のことです。

フローは受動的なフローと能動的なフローの2つに分類されます。

受動的なフロー

受動的なフローは音楽を聴いたりしたときなどに受ける、外部の刺激に対する陶酔状態のことです。

能動的なフロー

また、能動的なフローはブログや絵などの作品を作成したりするときなど、創造的な活動を行った際に経験する集中状態のことです。

 

フローは人間のウェルビーイングにとって最も重要な要素の一つで、フロー状態に入ると、創造性や活動の品質が向上し、人生の充実感も劇的に高まります。

3.ユーダイモニア(eudaimonia)

ユーダイモニアはギリシャ語で「幸福」を意味し、人間が自分自身の生まれ持った目的を知り、それを実践することから得られる持続的な幸福感を指します。

ユーダイモニアを見つけるためには、以下の3つの要素が重なる活動を見つけて実践することが重要です。

  1. 自分が好きなこと
  2. 自分が得意なこと
  3. 世の中が必要としていること

これらを見つけることが、尊厳を追求する第一歩となります。

 

ウェルビーイングを高める方法

ウェルビーイングを高めるための具体的な方法としては、上記の要素を調和させ、バランスよく取り入れることが重要です。

へドニア、フロー、ユーダイモニアを均等に経験することが、幸福なウェルビーイングを得るための鍵となります。

  1. へドニア:日常生活の中で小さな喜びを見つけ、それを味わうこと。美味しい食事、好きな音楽、好きな人との時間など、生活の中での五感を意識的に磨くことを大切にしましょう。

  2. フロー:自分の得意なこと、集中できることを見つけ、それに没頭する時間を作ること。それが仕事であれ趣味であれ、少しだけ高い目標を設定して、積極的に取り組むことでフローを感じることができます。

  3. ユーダイモニア:自分がどう生きるべきか、自分の価値観は何かを考え、世の中が必要としていることに取り組んでいきましょう。自己理解を深め、自分らしさを追求しましょう。

まとめ

ウェルビーイングは、一人ひとりが自分自身の幸せを見つけ、それを追求する旅のようなものです。

その旅は、一度にすべてを達成するものではなく、日々の小さな選択と行動の積み重ねによって進んでいきます。

ウェルビーイングを向上させるためには、五感を活かして人生を楽しむこと、スキルや能力よりもやや高い目標に挑戦すること、自分が好きで得意であり世の中のニーズに合う活動を見つけて実践することが重要です。

ここで提供する情報が、あなたのウェルビーイングを高め、より幸せで充実した人生を送る一助となることを願っています。

-仕事
-