哲学

幸田露伴の代表作「努力論」についてあらすじや名言を解説

18ban

ブラック企業を辞めることを目標にブログ運営を開始しました。 経営者に囚われず自由な時間を過ごすことが目標です。 G検定&FP3級、証券外務員も持ってますが登録はしてません。

はてなブックマーク - 幸田露伴の代表作「努力論」についてあらすじや名言を解説
Pocket
LINEで送る

日本の近代文学の巨匠であり哲学でもある幸田露伴の代表作努力論について、あらすじや名言を初心者にもわかりやすく解説しましょう。

この作品から学ぶことができる教訓を現代の生活に活かす方法も考えていきます。

スポンサーリンク

 

幸田露伴の紹介

 

幸田露伴は、明治時代の日本の小説家、​劇作家、​随筆家であり、​人生論について多くの著作を残しています。​

彼は文学や哲学の分野で多くの影響力のある作品を生み出しました。

「努力論」は彼の代表作の一つとして知られています。

 努力を通じて自己を革新し、​幸福を追求することが人生の目的であると考えていました。​

「努力論」の背景

「努力論」は明治時代の日本が急速に近代化を進めていた時代に書かれました。

この時期、日本は欧米の文化や技術を取り入れるため、努力や猛進が推奨される風潮がありましたが、この風潮に対して一石を投じる作品として「努力論」を執筆しました。

 

「努力論」のあらすじ、要約

努力には直接の努力と間接の努力があり、​人生に福を積み立てる3つの秘訣があるとしています。

ポイント

直接の努力とは、​当面の努力で、​一所懸命に頑張っている時の努力である。​

一方、​間接の努力とは、​準備段階における努力で、​基礎となり、​自分の源泉となる努力である。

幸田露伴は「幸福三論」と呼ばれる三つの言葉があると主張しています。

それは、「惜福(せきふく)」、​「分福(ぶんふく)」、​「植福(しょくふく)」です。

ポイント

惜福とは、自分の福を使い切らないでおくこと。

分福とは、自分の福を他の人と分かち合うこと。

植福とは、将来にわたって幸せを受け続けるために、幸せの種を蒔くこと。

自分の幸せだけでなく、他人の幸せにも目を向けることが重要であり、努力を重ねることで自分を新たにし、その結果、幸せになれるということを示唆しています。

 

「努力論」のテーマ

 

「努力論」の主なテーマは、努力の価値とその限界についてです。​

ポイント

努力すればそれなりの成果をえることができるのが普通であるが、努力してもよい結果が得られないこともある。

それは直接の努力だけ、間接の努力だけとどちらか一方に偏っている場合があり、直接の努力と間接の努力のバランスが大切だと説いています。

 

「努力論」の名言

「努力論」から学べる名言はこちらです。

  • 「『努力して努力する』―これは真によいものとはいえない。
    『努力を忘れて努力する』―これこそが真によいものである。」
  • 「真の文明というものは、すべてある人々が福を植えた結果なのである。」

努力をすることが大切であることは認めつつも、​努力に執着することが必ずしも良いとは限らないことを示しています。​

真に没頭すれば努力さえも楽しくなるという考え方が込められており、​努力をすることが苦痛である場合でも、​目的に向かって取り組むことが大切であることを教えてくれます。​

​​自分自身が努力を怠らず、​結果を出すことで成功を収めた人物であり、​その言葉には彼の人生哲学が込められています。

 

幸田露伴の思想と現代

 

幸田露伴の「努力論」は、現代の努力を追求する社会にも通じるメッセージが含まれています。

今日でも努力がすべてだと信じる人々が多いですが、「努力論」を通じて努力の限界やその本質を理解することができます。

 

「努力論」の教訓を現代に活かす方法

「努力論」から学ぶことができる教訓を現代の生活に活かす方法は以下の通りです。

無駄な努力を見極める

努力は大切ですが、無駄な努力に時間を使わないようにしましょう。

自分の目標に対して効果的な努力を選択しましょう。

目標に対して情熱を持つ

自己目標に対して情熱を持ち、全力で取り組むことでより効果的な努力ができます。

努力の継続性

努力は一度きりではなく、継続して行うことが大切です。

成功には時間がかかることもありますが、諦めずに努力を続けましょう。

 

よくある質問

Q1: 幸田露伴とはどんな人ですか?

A1: 幸田露伴は、明治時代の日本の文学者であり、哲学者です。

彼は文学や哲学の分野で多くの影響力のある作品を生み出しました。

「努力論」は彼の代表作の一つとして知られています。

Q2: 「努力論」の名言は何ですか?

A2: 「努力論」から学べる名言は

「『努力して努力する』―これは真によいものとはいえない。
『努力を忘れて努力する』―これこそが真によいものである。」

「真の文明というものは、すべてある人々が福を植えた結果なのである。」

という言葉です。

Q3: 「努力論」の教訓を現代に活かす方法は何ですか?

A3: 「努力論」から学ぶことができる教訓を現代の生活に活かす方法として無駄な努力を見極める、目標に対して情熱を持つ、努力の継続性を大切にする、などが挙げられます。

Q4: 幸田露伴の他の作品について教えてください。

A4: 幸田露伴の他の代表作には「五重塔」「蒲団」「飛鳥航路」などがあります。

これらの作品も彼独特の哲学的思考や人間観察が織り込まれており、読むことでさらに彼の世界観を理解することができます。

 

まとめ

「努力論」は努力の価値と限界について考えさせられる作品です。

本書は現代の努力を求める社会にも通じる教訓が詰まっており、私たちの人生に役立てることができます。

無駄な努力を見極め、目標に対して情熱を持ち、努力を継続して行うことで、より充実した人生を送ることができるでしょう。

 

アマゾンのオーディブルで努力論を検索

自己啓発本嫌いも注目!自己啓発本を読む人の男女別の特徴とは?

自己啓発本は、私たちの生活や仕事、人間関係などをより良くするためのヒントや知識を提供してくれます。 しかし、自己啓発本を読む人には男女で特徴があるのでしょうか? また、なぜ自己啓発本が好きな人と嫌いな ...

続きを見る

これなら継続できる!スキマ時間でサクッと読書できるflier評判・口コミ ゴールドプランがおすすめな理由

flier(フライヤー)って聞いたことありますか? これ、忙しい毎日の中でも、スキマ時間を使って読書を楽しめるすごいサービスなんですよ。 月額1,980円(税込)で、3,500冊以上の本の要約を読めち ...

続きを見る

-哲学
-, ,