資格

簿記3級ネット試験に落ちた理由と次回合格のための戦略

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

18ban

ブラック企業を辞めることを目標にブログ運営を開始しました。 経営者に囚われず自由な時間を過ごすことが目標です。 G検定&FP3級、証券外務員2種も持ってますが登録はしてません。

はてなブックマーク - 簿記3級ネット試験に落ちた理由と次回合格のための戦略
Pocket
LINEで送る

簿記3級のネット試験に落ちた経験をお持ちの方へ、この記事はそんなあなたに向けた内容です。

試験に落ちたことはショックであり、不合格になったことを恥ずかしいと感じるかもしれません。

しかし、その経験を次回の合格に生かすためのコツや対策を知っておくことが大切です。

一夜漬けの勉強では対応できない試験範囲や、1週間で無理だと感じた場合の具体的な学習方法、さらに簿記2級への進学についても詳しく解説します。

この記事を読むことで、再挑戦への道が見えてくるはずです。

ポイント

  • 簿記3級ネット試験に落ちた理由と対策方法
  • 一夜漬けのリスクと効果的な勉強方法
  • 簿記3級に再チャレンジするための具体的な勉強プラン
  • 簿記2級への進学についてのアドバイス

スポンサーリンク

簿記3級ネット試験に落ちた理由を分析しよう

  • 簿記3級ネット試験に落ちた理由とは
  • 一夜漬けで挑戦するのはリスクが高い
  • 落ちたショックを乗り越える方法
  • 不合格でも恥ずかしいと感じる必要はない
  • ネット試験のコツを押さえる
  • 簿記3級のネット試験に落ちた場合の再挑戦方法

簿記3級ネット試験に落ちた理由とは

簿記3級ネット試験に落ちた理由は多岐にわたります。まず第一に、学習時間が不足していることが挙げられます。簿記3級の試験は、基本的な知識を問う内容であるため、しっかりと学習することが不可欠です。例えば、試験範囲全体を網羅するためには、最低でも100時間程度の学習が必要です。しかし、十分な時間を確保できなかった場合、試験範囲の理解が浅くなり、不合格の原因となります。

次に、簿記の基本概念や仕訳の理解不足が挙げられます。簿記の試験では、基礎的な概念をしっかりと理解していないと、応用問題を解くことが難しくなります。例えば、資産と負債の区別がつかない、仕訳の基本的なルールを理解していない場合、問題に対応できずに点数を落としてしまいます。

さらに、試験対策が不十分であることも一因です。過去問題や模擬試験を解くことで、本番の試験形式に慣れることが重要です。しかし、これを怠った場合、試験本番での時間配分や問題の解き方に慣れておらず、ミスを犯しやすくなります。

最後に、試験当日の体調管理も重要です。体調不良や緊張によって集中力が欠けると、普段の実力を発揮できないことがあります。したがって、試験当日までの健康管理やリラックス法を身につけておくことが大切です。

一夜漬けで挑戦するのはリスクが高い

簿記3級ネット試験を一夜漬けで挑戦するのは、非常にリスクが高い方法です。まず、一夜漬けでは十分な学習時間を確保できないため、試験範囲を全て網羅することは難しいです。簿記3級の試験範囲は広く、基本的な知識だけでなく、応用的な問題も出題されます。一夜漬けでは、これらの知識を短時間で身につけることは困難です。

例えば、仕訳問題は簿記3級の試験において重要な部分を占めていますが、これを一夜漬けで完璧にマスターすることはほぼ不可能です。また、試験では仕訳以外にも、決算整理や試算表の作成など、複雑な問題も出題されます。これらを一夜漬けで習得することは非常に難しいでしょう。

さらに、一夜漬けでの勉強は、睡眠不足や疲労を引き起こし、試験当日の集中力を大きく低下させます。集中力が欠けると、問題を正確に解くことが難しくなり、ミスを犯しやすくなります。試験当日は、体調管理も重要な要素であり、十分な睡眠を取ることが求められます。

一方で、どうしても一夜漬けで挑戦しなければならない場合は、仕訳問題や過去問に絞って勉強するのが効果的です。仕訳問題は試験の中で大きな割合を占めるため、ここで点数を稼ぐことができれば合格の可能性が高まります。また、過去問を繰り返し解くことで、試験の形式や出題傾向に慣れることができます。

このように、一夜漬けでの挑戦はリスクが高いですが、限られた時間を有効に活用することで、少しでも合格の可能性を高めることができます。とはいえ、十分な準備期間を確保し、計画的に学習することが最も効果的であることを忘れないようにしましょう。

落ちたショックを乗り越える方法

簿記試験に落ちることは、非常にショックな体験です。しかし、この経験をポジティブに捉え、次のステップへ進む方法があります。まず、感情を整理することが重要です。失敗を認めることから始め、自己嫌悪に陥らないようにしましょう。

次に、冷静に失敗の原因を分析します。どの部分が理解不足だったのか、どのような問題に苦戦したのかを振り返ることは、次回の試験対策に役立ちます。例えば、仕訳のミスが多かった場合は、その部分を重点的に復習する必要があります。

また、前向きな目標設定を行いましょう。次の試験に向けて、具体的な勉強計画を立てることが大切です。毎日の勉強時間を決め、どの教材を使うか、どのように進めるかを詳細に計画します。これにより、計画的に学習を進められます。

さらに、モチベーションを維持するためには、仲間と情報を共有することも効果的です。同じ目標を持つ友人や勉強グループに参加することで、励まし合いながら勉強を続けられます。

最後に、リラックスする時間を確保しましょう。適度な休息は、精神的なリフレッシュにつながり、次回の試験に向けて再び集中力を高めるのに役立ちます。

不合格でも恥ずかしいと感じる必要はない

簿記3級に不合格になったとき、多くの人が恥ずかしいと感じます。しかし、これを恥ずかしいと思う必要はありません。簿記3級は決して簡単な試験ではなく、多くの受験者が一度や二度の不合格を経験しています。

まず、簿記3級の合格率を見ても、試験の難しさがわかります。試験範囲は広く、初めて勉強する内容も多いため、一度で合格するのは容易ではありません。むしろ、失敗は勉強不足や準備の甘さを見直す機会と捉えるべきです。

また、簿記3級に挑戦することで得られる知識やスキルは非常に価値があります。不合格だったとしても、その過程で学んだことは無駄にはなりません。実務で活かせる知識が身についているはずです。

さらに、失敗を通じて得られる経験は、次の挑戦に向けての強力な武器になります。不合格の経験があることで、どのように勉強すればよいか、どの部分を強化するべきかが明確になります。

最後に、他人の目を気にする必要はありません。多くの人が同じ経験をしているからこそ、共感やサポートが得られやすいです。大切なのは、失敗から学び、次のステップに進むことです。挑戦を続ける姿勢が、最終的な成功につながります。

ネット試験のコツを押さえる

簿記3級のネット試験に合格するためには、いくつかの重要なコツを押さえておくことが大切です。まず、試験形式に慣れることが第一歩です。ネット試験は従来のペーパー試験と異なり、パソコンを使用して解答します。そのため、試験前に実際の操作に慣れておくことが必要です。模擬試験を繰り返し受けて、時間配分や画面の見方を確認しましょう。

次に、時間管理が重要です。ネット試験は制限時間内に全ての問題を解答する必要があります。各問題にかける時間を決め、時間を超えてしまった場合は一旦次の問題に進む決断も必要です。過去問を使った模擬試験で、時間内に全ての問題を解答する練習をしましょう。

さらに、頻出問題を重点的に学習することが効果的です。簿記3級では仕訳問題や試算表作成など、毎回出題されるパターンが決まっている問題があります。これらの問題を確実に得点源とするために、過去問や参考書を使って繰り返し練習することが大切です。

また、パソコンの基本操作に不安がある場合は、事前に練習しておくことが重要です。ネット試験では、キーボード入力やマウス操作に慣れていないと時間を無駄にしてしまいます。タイピングの速度を上げる練習や、マウス操作をスムーズに行えるようにしておきましょう。

最後に、試験当日の準備も怠らないようにしましょう。試験前日は十分な休息を取り、当日は早めに会場に到着してリラックスすることが大切です。精神的な準備も含めて、万全の状態で試験に臨むことが成功の鍵です。

簿記3級のネット試験に落ちた場合の再挑戦方法

簿記3級のネット試験に落ちた場合でも、再挑戦の方法を知っていれば次回の合格につなげることができます。まず、前回の試験でどこが不足していたのかを明確にすることが重要です。試験の結果を分析し、間違えた箇所や時間が足りなかった部分を特定しましょう。これにより、どの分野に重点を置くべきかが見えてきます。

次に、学習計画を見直し、改善することが必要です。前回の勉強方法が効果的でなかった場合は、新しい教材を取り入れたり、勉強時間を増やしたりするなどの対策を講じましょう。例えば、簿記の専門学校やオンライン講座を利用することで、効率的に知識を補強することができます。

さらに、実践的な練習を増やすことも大切です。模擬試験を多く受け、試験環境に慣れることで本番の緊張感を和らげることができます。また、過去問を繰り返し解くことで、試験の傾向や出題パターンに慣れることができ、スムーズに解答できるようになります。

また、モチベーションを維持するための工夫も必要です。一人で勉強するのが難しい場合は、勉強仲間を見つけるか、勉強会に参加してみましょう。仲間と情報を共有し、励まし合うことで、勉強を続ける意欲が高まります。

最後に、心身の健康にも気を配りましょう。適度な休息とバランスの取れた食事は、集中力を維持するために欠かせません。試験直前には無理をせず、十分な睡眠を取ってリフレッシュすることが重要です。

このように、落ちた原因を分析し、計画を立て直して再挑戦することで、簿記3級の合格に近づくことができます。

簿記3級のネット試験に落ちたら次にやるべきことは?

  • 残り1週間で無理と感じたら
  • 簿記3級に落ちたけど2級に進むべきか
  • ひとまず一夜漬けは避けよう
  • ネット試験対策をしてコツを学ぶ
  • 勉強を続けるためのモチベーション維持法
  • 公認会計士たぬ吉塾の活用法
  • 再チャレンジするタイミングは?
  • 再挑戦に向けた具体的な勉強プラン

残り1週間で無理と感じたら

簿記3級の試験が1週間後に迫り、無理だと感じる場合でも、適切な対策を取ることで合格の可能性を高めることができます。まずは、最重要ポイントに集中することが大切です。簿記3級の試験では、特に仕訳や試算表作成の問題が頻出します。これらの基本的な問題を重点的に復習しましょう。短期間で効率よく学習するためには、過去問を解くことが有効です。過去問を使って、どのような形式の問題が出るのかを把握し、繰り返し解くことでスピードと正確さを向上させましょう。

次に、時間管理が重要です。1週間という限られた時間の中で、毎日少しずつでも勉強時間を確保することが必要です。朝早く起きて勉強する、通勤時間を活用するなど、自分の生活リズムに合わせて計画を立てましょう。また、学習計画を立てる際には、休憩時間も適度に取り入れることが大切です。過度な勉強は逆効果となり、集中力を欠いてしまう可能性があります。

さらに、理解度を高めるためにはアウトプットが不可欠です。友人や家族に説明することで、自分の理解度を確認することができます。説明する際に分かりやすく伝えることができれば、その内容をしっかりと理解している証拠です。また、インターネット上の簿記フォーラムやSNSグループで他の受験者と情報を共有し、疑問点を解消することも効果的です。

最後に、ポジティブなマインドセットを持つことが重要です。試験までの1週間を「できる限りの準備をする期間」として捉え、焦らずに取り組むことが大切です。無理だと感じる気持ちを乗り越え、目標に向かって努力することで、自信を持って試験に臨むことができます。

簿記3級に落ちたけど2級に進むべきか

簿記3級に落ちた場合、2級に進むべきか悩むことは自然なことです。まず、簿記3級と2級の違いを理解することが重要です。簿記3級は基礎的な内容が中心で、個人や小規模事業の財務処理を学ぶのに対し、簿記2級はより高度な内容で、企業の財務管理や経営分析にも役立つ知識を学びます。そのため、2級は難易度が高く、より多くの時間と努力が必要となります。

3級に不合格となった場合、その原因を明確にすることが次のステップを決める際に重要です。もし、勉強時間が足りなかった、学習方法が合わなかったなどの理由があるならば、それを改善することで次回の試験で合格できる可能性が高まります。3級の再受験を考えることも一つの選択肢です。基礎をしっかり固めてから2級に進むことで、2級の学習がスムーズになるメリットがあります。

一方で、既に3級の内容にある程度自信があり、落ちた原因が単なる準備不足や当日のコンディションにあった場合は、2級に進むことを検討しても良いでしょう。2級の学習は3級の知識を前提とするため、3級の勉強が無駄になることはありません。むしろ、2級に挑戦することでモチベーションを高め、集中して学習に取り組むことができるかもしれません。

また、2級に進む決断をする際には、自分のキャリアプランや目標も考慮することが重要です。もし、経理や財務に関する仕事に就きたい、または現在の職場でのスキルアップを目指しているのであれば、2級の取得は大きなメリットとなります。2級の資格を持つことで、より専門的な知識を身につけ、キャリアの幅を広げることができます。

このように、簿記3級に落ちた場合でも、自分の状況や目標に応じて適切な次のステップを選ぶことが大切です。焦らずにじっくりと考え、自分にとって最適な道を見つけてください。

ひとまず一夜漬けは避けよう

簿記3級のネット試験に向けて、一夜漬けでの勉強は避けるべきです。なぜなら、一夜漬けでは知識の定着が難しく、本番での緊張やプレッシャーに対処できないことが多いためです。短期記憶に頼る一夜漬けの勉強方法では、試験当日に焦ってしまい、ミスを連発するリスクが高まります。

まず、簿記3級の試験範囲は広く、仕訳や試算表の作成など多くの項目があります。これらの知識をしっかりと理解し、定着させるには時間がかかります。毎日少しずつ勉強することで、知識が長期記憶に移行しやすくなり、試験当日にも落ち着いて問題を解くことができます。

また、一夜漬けでは練習不足になりがちです。簿記の問題は実際に解いてみることで初めて理解できる部分が多いため、過去問や模擬試験を通じて問題演習を繰り返すことが重要です。計算ミスや仕訳の漏れなどを防ぐためには、何度も練習を重ねる必要があります。

さらに、体調管理も大切です。一夜漬けで徹夜をすると、試験当日に眠気や集中力の低下を招きます。十分な睡眠をとることで、脳がしっかりと働き、試験に集中できる状態を保つことができます。これにより、落ち着いて問題に取り組むことができます。

以上の理由から、簿記3級のネット試験に向けては、一夜漬けを避け、計画的に学習を進めることが大切です。毎日の積み重ねが合格への近道です。

ネット試験対策をしてコツを学ぶ

簿記3級のネット試験で合格するためには、いくつかのコツを押さえることが重要です。これにより、試験に対する不安を軽減し、効率的に勉強を進めることができます。

まず、試験の形式と出題傾向を理解することが大切です。簿記3級のネット試験では、基本的な仕訳や試算表の作成などが出題されます。過去問や模擬試験を通じて、どのような問題が出るのかを把握し、それに対する対策を練りましょう。これにより、試験当日に驚かないで済みます。

次に、基礎をしっかり固めることが重要です。簿記の基本的な原理や仕訳の方法を理解しておくことで、応用問題にも対応できるようになります。基礎がしっかりしていれば、少し難しい問題が出ても冷静に対処できるでしょう。

また、時間配分も大切です。ネット試験では限られた時間内にすべての問題を解く必要があります。過去問を解く際に、時間を計りながら練習し、本番でも焦らずに取り組むための準備をしておきましょう。時間配分の練習を重ねることで、試験当日に時間切れになるリスクを減らすことができます。

さらに、間違えた問題の復習を徹底することがポイントです。間違えた問題をそのままにせず、なぜ間違えたのかを分析し、理解を深めましょう。同じミスを繰り返さないようにするためには、間違いの原因を把握し、しっかりと克服することが重要です。

最後に、モチベーションを維持するために目標を設定することが効果的です。例えば、「1週間で過去問を3回解く」や「毎日30分勉強する」など具体的な目標を立てることで、勉強を続けやすくなります。達成感を得ることで、次の目標に向かって前向きに取り組むことができます。

これらのコツを押さえて勉強を進めることで、簿記3級のネット試験に向けて効果的に準備をすることができます。

勉強を続けるためのモチベーション維持法

勉強を続けるためには、モチベーションの維持が欠かせません。まず、自分の目標を明確にすることが重要です。目標が明確であればあるほど、その目標に向かって努力し続けるモチベーションが湧いてきます。例えば、資格を取得してキャリアアップを目指す、あるいは自己成長のために新しい知識を身につけたいなど、具体的な目標を設定しましょう。

次に、小さな達成感を積み重ねることが大切です。大きな目標だけでなく、短期間で達成できる小さな目標も設定しましょう。例えば、「毎日1時間勉強する」「1週間で章を終える」など、達成しやすい目標を設定することで、達成感を味わいながら勉強を続けることができます。

さらに、勉強環境を整えることもモチベーション維持に役立ちます。静かで集中できる場所を選び、必要な教材やツールを整備しておくことが大切です。また、定期的に環境を変えることで、飽きずに勉強に取り組むことができます。例えば、カフェで勉強する、自宅の別の部屋で勉強するなど、場所を変えることでリフレッシュできます。

また、仲間を見つけて一緒に勉強することも効果的です。友人や同僚と一緒に勉強することで、お互いに励まし合い、モチベーションを高め合うことができます。オンラインの勉強グループに参加するのも良い方法です。同じ目標を持つ仲間と情報を共有し、刺激を受けることで、継続的に勉強に取り組むことができます。

最後に、定期的に自分を褒めることも大切です。努力したことや達成したことを自分自身で認め、褒めることで、自己肯定感が高まり、さらに頑張ろうという気持ちが生まれます。小さな成功でも、自分を褒めてあげることが、長期的なモチベーション維持につながります。

これらの方法を取り入れて、勉強を続けるためのモチベーションを維持し、目標達成に向けて努力を続けましょう。

公認会計士たぬ吉塾の活用法

公認会計士たぬ吉塾を活用することで、簿記の試験対策を効果的に進めることができます。たぬ吉塾の具体的な活用法を以下に紹介します。

たぬ吉塾の特徴

公認会計士たぬ吉塾は、YouTubeで講義動画を無料で提供しているため、誰でも気軽に始められます。動画は短時間にまとめられているので、隙間時間を活用して学習を進めることができます。講義では「なぜそうなるのか」を重視しており、論理的な思考力を養うことができるため、理解を深めながら進められます。

効果的な学習方法

まずは、たぬ吉塾のYouTubeチャンネルを登録し、興味のある講義動画を視聴してみましょう。動画は基本から応用まで幅広くカバーしているため、自分のレベルに合わせて選ぶことができます。講義を視聴した後は、提供されているPDF教材や市販のテキストを使用して復習しましょう。

自分のペースで学習

たぬ吉塾の講義動画は永久視聴可能なので、何度でも繰り返し視聴することができます。分からない部分があれば、動画を見直すことで理解を深めることができます。忙しい方でも、自分のペースで学習を進められる点が魅力です。

個別サポートの利用

有料講座では、公認会計士たぬ吉の個別サポートが受けられるプランもあります。LINEを通じて質問ができるため、疑問点をすぐに解決できます。このサポートを活用することで、効率的に学習を進められます。

講義動画の活用法

講義動画は、スマートフォンやパソコンなど複数のデバイスで視聴可能です。通勤時間や休憩時間など、ちょっとした時間を利用して学習を進めることができます。また、速度調整ができるため、自分の理解度に合わせて視聴スピードを変更することも可能です。

おすすめの学習テキスト

たぬ吉塾の講義と合わせて使用することで、より効果的に学習を進められるテキストもあります。「スッキリわかる 日商簿記」や「みんなが欲しかった! 簿記の教科書」、「パブロフ簿記」などがおすすめです。これらのテキストを活用しながら、講義動画で得た知識をさらに深めていきましょう。

学習の流れ

たぬ吉塾の動画講義を視聴し、その内容をテキストで復習します。その後、問題集を解いて理解を確認し、過去問に取り組むことで実践的な力を養います。この一連の流れを繰り返すことで、効率的に合格を目指すことができます。

たぬ吉塾を活用することで、簿記の知識を深め、試験合格だけでなく実務で役立つスキルを身につけることができます。自分のペースで無理なく学習を進められるので、ぜひ活用してみてください。

日商簿記講座2級 詳しくはコチラ

再チャレンジするタイミングは?

簿記3級に再チャレンジするタイミングは、しっかりと準備が整っていることが重要です。まず、前回の試験から得た教訓を活かし、自分の弱点を明確にすることが大切です。具体的には、試験終了後に間違えた問題を分析し、どの部分が理解不足であったのかを把握しましょう。

次に、再チャレンジに向けた勉強スケジュールを立てることが必要です。試験日までの期間を逆算し、毎日の勉強時間を確保する計画を立てます。理想的には、試験日から少なくとも3ヶ月前に準備を開始し、基礎固めから始めて徐々に応用問題に取り組む段階的な学習が望ましいです。

さらに、モチベーションを維持するために、短期目標を設定することが効果的です。例えば、1週間ごとに小テストを行い、進捗状況を確認することで、達成感を得ながら勉強を続けることができます。また、定期的に勉強の進捗を振り返り、必要に応じてスケジュールを調整することも大切です。

このように、自分の弱点を把握し、計画的に勉強を進めることで、再チャレンジのタイミングを逃さず、効率的に合格を目指すことができます。

再挑戦に向けた具体的な勉強プラン

再挑戦に向けた具体的な勉強プランは、段階的かつ体系的に学習を進めることが重要です。まず、基礎知識の復習から始めましょう。簿記3級の基本的な概念や仕訳のルールをしっかりと理解することが必要です。市販のテキストやオンライン講座を活用して、基本を徹底的に学び直します。

次に、問題演習を通じて応用力を身につけるフェーズに移ります。過去問や模擬試験を利用して、実際の試験形式に慣れることが重要です。これにより、試験の傾向や時間配分を把握することができます。また、間違えた問題を徹底的に復習し、同じミスを繰り返さないようにしましょう。

さらに、試験直前には総復習を行います。全体の理解を確認し、特に苦手な部分に重点を置いて復習します。試験直前の1週間は、新しい内容を学ぶのではなく、これまで学んだ内容を整理し、確実に理解することが大切です。

具体的なスケジュールとしては、以下のようになります:

  1. 最初の1ヶ月:基礎知識の復習。毎日1時間程度の学習時間を確保し、テキストを読み進めながら基本的な問題を解く。
  2. 次の1ヶ月:応用問題演習。過去問や模擬試験を解き、実際の試験形式に慣れる。週に1回は模擬試験を行い、時間配分の練習も行う。
  3. 最後の1ヶ月:総復習。間違えた問題の再確認や苦手分野の強化に重点を置き、全体の理解を深める。

このプランに従い、計画的に学習を進めることで、再挑戦に向けて万全の準備が整います。継続的に勉強を進めることで、自信を持って試験に臨むことができるでしょう。

まとめ:簿記3級ネット試験に落ちた理由と次回合格のための戦略

  • 学習時間が不足していることが不合格の原因
  • 試験範囲を網羅するためには最低100時間の学習が必要
  • 簿記の基本概念や仕訳の理解不足も一因
  • 応用問題に対応するために基礎的な概念の理解が必要
  • 試験対策が不十分だと本番でミスをしやすい
  • 過去問題や模擬試験を解いて試験形式に慣れることが重要
  • 試験当日の体調管理が合否に影響する
  • 一夜漬けでは知識の定着が難しい
  • 睡眠不足や疲労が試験当日の集中力を低下させる
  • 仕訳問題や過去問に絞って勉強するのが効果的
  • 再挑戦する際には前回の失敗を分析することが重要
  • 学習計画を見直し、改善することが必要
  • 実践的な練習を増やし、試験環境に慣れる
  • モチベーションを維持するために仲間と情報を共有する
  • 心身の健康管理を忘れずに行うこと

日商簿記講座2級 詳しくはコチラ

簿記が面白くなる!「簿記 つまらない」を克服する秘訣

簿記の学習に対して「簿記はつまらない」と感じることは珍しくありません。 多くの人が簿記の概念に拒否反応を示し、特に工業簿記のような特定の分野で面白くないと感じることも。 しかし、なんJのようなオンライ ...

続きを見る

簿記とFPどっちを取るべきかを解説!生活に役立つのは?年収・転職で評価されるのは?

どうもこんにちは! 今日は、簿記とFPの資格について、どっちを取るべきか、そしてどっちが自分の生活に役立つのかについてお話しします。 資格を取るって、結構大変ですよね。 時間もお金もかかるし、何より「 ...

続きを見る

簿記は数学が苦手でも大丈夫な理由と電卓活用法

簿記の勉強を始めようと考えているものの、数学が苦手でも大丈夫なのかと不安に感じている人もいるでしょう。 数学が苦手だと感じると、簿記に向かないのではないかと不安になるかもしれません。 しかし、簿記と数 ...

続きを見る

簿記が向いてる人ってどんな人?経理・財務部門に向いてる人の特徴も解説

簿記というと少し堅苦しいイメージがあるかもしれませんね。 しかし、実際には、簿記は私たちの生活に身近なものです。 家計簿をつけるのも一種の簿記ですし、小さなお店を経営している方なら、売上や経費を管理す ...

続きを見る

たぬ吉(たぬきち)簿記の評判を徹底解説!2級・1級有料講座がおすすめな人・おすすめしない人の特徴からテキストまで解説します

今回は、たぬ吉(たぬきち)簿記の評判について徹底的に解説していきます。 たぬ吉簿記って聞いたことありますか? 簿記の試験対策で頭を抱えている人、あるいはこれから簿記の勉強を始めようとしている人にとって ...

続きを見る

-資格
-,